プレママお茶会
プレママお茶会 > タイミング・排卵日を意識した妊活をしよう

タイミング・排卵日を意識した妊活をしよう


妊活のときには、やっぱりタイミングが重要です。そのためどうしても排卵日を意識した生活が必要となります。しかしあまりにも排卵日を意識しすぎて、夫婦間に溝ができてしまうこともあるので、注意も必要。そんな排卵日を意識した生活と注意を考えてみましょう。

排卵日の意識しすぎも注意


画像引用サイト:琴似産科婦人科クリニック

妊活には排卵日を意識した生活はとても重要になります。その上で最初に意識しすぎた結果の失敗も知っておきたいものです。特に女性の方が排卵日を意識してセックスのタイミングを大切に考えるようになります。しかし男性の方はそのことは分かっていながらも、あまりタイミングに合わせたセックスを要望されることで義務的になってしまい、もううんざりなんてことにも。

そのため女性はやはり排卵日を意識したタイミングであっても、上手に男性に伝えるという配慮が必要です。また排卵日を意識しすぎると、それ以外のセックスに興味がなくなる女性がいます。このように男性と女性は本能的にも違うので、お互い思いやりと優しさを忘れないようにしましょう。

また排卵日を意識しすぎて、それが逆にストレスになってしまうことも。妊活のストレスで不妊となり、妊活をやめたとたんに妊娠したということもあるほど。とにかくタイミングのプレッシャーは、男性にも女性にも意外と大きいということなのです。そのためストレスを感じない程度に排卵日を意識することも大切ではないでしょうか。

排卵日を意識した生活

ストレスを感じない程度に排卵日を意識するために、まず最低でも基礎体温を付けるようにしましょう。そしてグラフを付けて排卵日をチェックしましょう。また生理が不順だったりした場合は、一度グラフを持って産婦人科に相談してみるのもおすすめ。もし生理不順で排卵日がはっきりしない場合は、医師によって排卵日をチェックしてもらうこともできます。

それと同時に体を冷やさない、バランスの良い栄養を考えた食生活を送る、睡眠は不足しないようにする、適度な運動をするなどの、毎日の生活の見直しもしていくようにしましょう。生活を見直すことでも排卵日がある程度絞りやすくなることもあります。そして排卵日が分かったら、義務的にならないように注意しながらセックスのチャンスを作るようにしましょう。

おりものチェック

排卵日を知るために基礎体温があります。しかしそれだけに頼らずに、基礎体温でざっくりとした排卵日をチェックしたら、あとはおりものチェックも重要です。トイレに行ったときに下着に付いたおりものなどをチェックしましょう。粘りけが強く10㎝近く粘る場合、量が多くなったら精子と受け入れる準備ができたというサインです。基礎体温とおりものチェックのダブルでバッチリ簡単に、排卵日を見つけることもできるのです。

食べ物も排卵日を意識して

排卵日は男性も頑張らなければなりません。特に排卵日前後に集中的にセックスができればベストです。そこで、男性が頑張ることができるように食事も考えるようにしましょう。そのためには亜鉛が重要となります。そこで排卵日が近づいたら特に亜鉛を意識した食事がおすすめです。

亜鉛は牡蠣にとても豊富に含まれています。他にも豚レバーやパルメザンチーズなども豊富です。そこで排卵日近くになったら牡蠣フライや牡蠣鍋などいかがでしょう。また豚レバーを使ったニラレバなどもおすすめです。にんにくもたっぷり使うといいのではないでしょうか。このように食事も排卵日を意識して考えるようにしましょう。

またマカサプリなどを男性に毎日摂取してもらうこともおすすめ。他にも男女ともに葉酸サプリは是非おすすめです。葉酸は子宮内の粘膜も粘りけが増し妊娠しやすくなります。もちろん卵子、精子を作る段階で、それらの老化や傷を防ぐことができ、胎児の奇形や障害などのリスクを減らすこともできるのです。