プレママお茶会
プレママお茶会 > 不妊症と肥満体質の関係とは?

不妊症と肥満体質の関係とは?


不妊症の原因はいろいろありますが、肥満体質はさまざまな不妊原因にもつながると言えそうです。なぜ肥満体質の人は妊娠しにくいのか、この辺をもう少し深く掘り下げて考えてみましょう。そしてこれから妊娠を考えている人は、できるだけ肥満体質を改善するような努力も必要ではないでしょうか。

内臓脂肪が増えると不妊も

内臓脂肪に関しては、それ自体が不妊とつながることが判明。実は内臓脂肪の増加によってアディポネクチンというタンパク質の分泌が低下することが確認されています。このアディポネクチンというタンパク質が低下することで、卵巣が厚くなってしまい正常な働きが低下します。

ご存じのとおり卵巣は卵子を作り育てるところですが、この卵子がうまく育たずに無排卵の原因になることもあるのです。もちろん卵子の質も低下することも。そのため内臓脂肪が多い人は、適度な運動や食事の見直しも大切。ただし過度なダイエットは禁物です。

体脂肪が増えると不妊も

PCOSとは卵巣の中には卵細胞がしっかり存在していても、それがなかなか排卵しにくいという状態です。このPCOSの原因として卵巣内に存在する男性ホルモンが増えると言われています。肥満によって体脂肪は男性ホルモンが多く蓄えられ、そこから脳下垂体に信号を送って、卵巣内の男性ホルモンの異常分泌が起こると考えられています。そのため体脂肪を増やし過ぎると排卵ができないことにもなるのです。

肥満体質と言われる人の生活に問題がある

肥満=不妊という直接的なことだけではなく、肥満体質あるいは肥満になる生活や習慣にこそ不妊の原因になることもあるのです。例えば食事の問題、運動不足、ストレスを抱え込みやすい、冷え性、睡眠不足、暴飲暴食、間食の食べ過ぎ、便秘などが肥満体質の原因となります。もちろんこの中の1つではなく、いくつもが重なっている場合がほとんど。これらの原因を改善しない限り肥満体質は改善されずに、不妊の改善もなかなか難しくなります。

食事の問題

食事の問題としては、肥満体質の原因はいろいろ。野菜嫌いや外食が多いための野菜不足。ご飯や麺好きの炭水化物の摂り過ぎ。他にも栄養のバランスが悪かったり油物の摂り過ぎなども。またダイエットによる無理なカロリーコントロールなど注意しなければなりません。

ダイエットのための無理なカロリーコントロールは体が飢餓状態に。そうなると代謝はどんどん低下していきます。つまりダイエット中は体重が減っても、体質は肥満体質へと変化していき、いわゆるリバウンドが起こりやすくなります。また代謝が落ちるということは内臓全体の働きも低下することであり、卵巣や子宮なども低下し不妊体質になってしまうのです。

運動不足の問題

毎日適度な運動はとても重要です。運動は代謝を高める効果があり、運動不足は代謝も落ちてしまい、それによって体重の増加や内臓の働きの低下などにつながります。もちろん血液の循環も悪化することによって代謝はますます低下。他にもホルモンの分泌異常なども起こりやすく、不妊の原因につながります。

無理な運動も不妊につながりますが、毎日の適度な運動は是非行いたいものです。毎日寝る前の30分程度のストレッチでもOK。仕事の帰り道の30分程度のウオーキングなど意識的に体を動かしましょう。

ストレスの問題

ストレスはそれだけでも自律神経の乱れからホルモンの乱れにつながり、不妊のリスクも高まります。しかしストレスによって過食、暴飲暴食、間食過食なども起こりやすくなります。それによって肥満体質になることも多いのではないでしょうか。ストレスを溜めないためにも、お風呂にアロマオイルを垂らしてアロマ風呂に入るなど、自分なりのストレス解消方法を見つけ出すことも大切です。