プレママお茶会
プレママお茶会 > 妊活を始めるなら簡単な運動をして代謝をあげよう!

妊活を始めるなら簡単な運動をして代謝をあげよう!


妊活のためには卵巣や子宮の働き、ホルモン分泌など代謝がとても重要になります。そのためには毎日の適度な運動がおすすめ。とはいっても毎日続けることはとても大変に思われがちです。そこで気楽に毎日続けることができる簡単な運動をご紹介しましょう。

過度な運動は逆効果

妊活を成功させようと一生懸命になるのは分かりますが、過度な運動をすればいいというものではありません。特に過度な運動はエストロゲンが低下し、ホルモンバランスが悪くなることや、疲労、そして妊娠初期であることを知らずに過度な運動をして流産するというリスクもあります。そのため、あくまでも適度な運動がおすすめです。

毎日30分のウオーキング

運動している女性
画像引用サイト:プチ断食ダイエットの達人

運動というだけでうんざりする人もいるかも知れません。特に運動嫌いの人はウオーキングでもあまり好きにはなれません。しかし毎日の会社の帰りに1駅前で降り、30分程度歩くというのもおすすめです。また30分歩くのはちょっと無理と思う人は、まず自宅から10分だけ歩いて行きましょう。

そこから自宅に戻れば全部で20分のウオーキングが気楽にできます。慣れてきたら家から15分間歩くようにすれば、自宅に戻ったときには30分のウオーキング成功です。ちょっとした気持ちの持ち方によって、気楽にウオーキングを続けることができるでしょう。

運動がどうしても駄目ならお風呂で

運動がどうしてもできないという人は、お風呂の入り方と出た後の5分間のストレッチはいかがでしょう。毎日のお風呂は湯温を大体38度から39度程度のぬるめにします。心臓まで浸からない程度にして、まず10分入浴。体などを洗いながら5分出て、また10分入浴。

次はまた5分シャンプーなどをして出ます。もう一度最後に10分~15分の入浴。これで適度な運動をしたのと同じぐらいの代謝は高まります。お風呂上がりについでに軽いストレッチなどを5分程度行うとよりベストです。

バランスボールで30分体操

バランスボールはさまざまなところを動かすことができます。テレビを見ながらでも、好きな音楽を聴きながらでもできるのでおすすめです。まず軽く膝を開いて足でボールを動かしながら、腰回しをしていきましょう。肩は上下に動かさないように意識して、腰だけをくるくると回すようにします。

慣れるまで不安定ならテーブルの前に座ってテーブルに手を置いて行いましょう。次に軽いバウンドをしながら右手を左上に、左手はお腹の前を通って右横に伸ばします。一定のリズムで軽くバウンドしながら左右交互に5分ほど行います。腕の下から脇腹が伸びるはずです。

もう1つは腕を前に伸ばし肘を90度に曲げます。そのまま肘を下げずに両手を左右に開いていきます。真横に開いたらまたゆっくり閉じます。バランスボールに座り軽いバウンドをしながらリズミカルに腕のエクササイズをしましょう。どちらのエクササイズも疲れたら手を下ろして軽くバウンドしながら腰を左右に動かして休憩。また同じことを繰り返すという方法で約5分程度行いましょう。

次は横になってバランスボールを足首付近で挟みます。そして手はまっすぐ下に下ろしそのまま腹筋をしましょう。完全に起き上がらなくても行けるところまででOK。疲れたらそのまま休憩。難しい人はまず休みながらでも良いので10回行います。だんだん慣れてきたら1日30回程度を目標にがんばりましょう。

踏み台運動

自宅で簡単に運動をするなら踏み台運動もおすすめです。踏み台運動用の台はスポーツ用品ショップにも売っていますが、百均などで売っている発泡スチロールでできたブロックを2~3つつなげてもOK。右乗せ、左乗せ、右下ろし、左下ろしというふうに上り下りをリズミカルに行いましょう。

慣れるまでは30回やったら10回足踏み休憩、反対の足からまた30回、また10回足踏み休憩と繰り返します。大体5分程度やって、今度は30回程度足踏みをして休憩。また同じように5分行います。1日合計に10~20分行いましょう。