プレママお茶会

*

妊活に効果的なお茶を飲もう!


ルイボスティーって妊活にどんな効果があるお茶?


画像引用サイト:たまGoo!

妊娠しやすくする活動のことを妊活と言いますが、その中でも手軽に取り入れることができるとして人気なのがルイボスティーを飲むことです。
ルイボスティーとはルイボスから取れるお茶で、豊富な栄養素が含まれています。
ミネラルや亜鉛、抗酸化成分などが含まれていることで妊活に効果的だと考えられています。
具体的な効果としては、ミネラルが豊富なことで抗ストレス効果を期待することができ、亜鉛がホルモン代謝を向上させて妊娠しやすい身体づくりにつながったり、抗酸化作用によって卵子の老化を防ぐことなどができます。
また、身体を温める効果もあるため冷え性の改善などにもつながり、利尿作用もあることから老廃物をスムーズに排出することも妊娠するのには良い落とされています。
選ぶ場合には、茶葉タイプとティーパックタイプが販売されています。高価なものから安価なものまで価格は様々ですが、安全性を考えてなるべくオーガニックタイプのものか、有機JASマークのついたものを選ぶことをおすすめします。

ルイボスティーは妊娠中や授乳中も飲める?

ほっと一息、ティータイムにしたいという時、妊娠中や授乳中だとカフェインの摂取を控えるために紅茶やコーヒーは避けたいところです。それでは何を飲もうかと悩んでしまう方におすすめなのが、ルイボスティーです。
ノンカロリーでノンカフェインのため、妊娠前から妊娠中、授乳期や小さな子供でも安心して飲むことができるというのメリットといえます。

ルイボスティーはその名にある通り、ルイボスという植物からできたお茶です。いわゆるハーブティーの一種で、カフェインは含まれていません。味はまろやかで、ほんのりと甘い香りがするのが特徴です。ハーブティーにありがちな癖のある風味とは違い、飲みやすいためカフェインが苦手だったり、摂取したくないという人に好まれています。
また、単にカフェインを含んでいないということだけでなく、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいたり、細胞を活性化させ免疫力を高める効果があったり、腸内環境を整える作用があったりするなどのメリットがあるので、健康維持のために飲んでいるという人もいます。ハーブティーなので、飲むことでリラックスして安眠につながるので、寝る前に飲むのもおすすめです。
ルイボスティーを飲むときのポイントは、ティーバッグからの抽出時間をたっぷり取るということです。10分以上抽出することで、成分がしっかりと引き出されて様々な栄養素を効率よく摂取することができます。

ルイボスティーはスーパーやドラッグストアなどでも販売されていますので、簡単に手に入れることができます。
同じルイボスティーでもメーカーによって味や風味は全然違いますので中には飲みにくいものもあります。ご自身に合ったものを選ぶことが、続けて飲める秘訣です。
体に良いお茶ですので、毎日の飲み物として飲用していくといいでしょう。

たんぽぽ茶って妊活にどんな効果があるお茶?


画像引用サイト:東信州 農の匠の 玉手箱

妊活をしている方におすすめするお茶のひとつが、たんぽぽ茶です。
一般的なたんぽぽ茶は、たんぽぽの根を焙煎して粉にしたものを、コーヒーのように飲みます。作り方もコーヒー同様、フィルターを使ってドリップして作りますが、最近はティーバックで簡単に作れるものも増えてきています。

たんぽぽ茶が妊活に良い大きな理由は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの量を増やしてくれることです。エストロゲンは月経から排卵までに多く分泌されるホルモンで、卵巣の機能を活性化させたり、卵子の質を高める役割があります。また、脳下垂体に直接働きかけて、女性ホルモンのバランスを整える働きもあります。生理不順が解消されるので、妊娠のタイミングがわかりやすくなります。

たんぽぽ茶には血中コレステロール値を下げて、血液をサラサラにする効果があります。血液は母乳のもとなので、母乳の質を良くしたり、母乳の量を整えてくれる働きがあります。
ほかにも、たんぽぽ茶には血行を促進して冷え性を改善したり、利尿作用でむくみを改善する効果もあります。ビタミンや鉄、カルシウムなどのミネラルなどの必須栄養素も豊富に含まれているので、元気な赤ちゃんを産むための健康な体づくりにも向いています。お茶と言ってもノンカフェインなので、好きなだけ飲めるのもおすすめポイントです。

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中も飲める?

妊娠中や授乳中は、飲み物の成分も気にしますよね。たんぽぽ茶は、妊娠中や授乳中にも飲むことができるノンカフェインの飲み物です。
妊娠中に飲むことで、ビタミン・ミネラル・鉄分を摂ることができます。ほかにも食物繊維が豊富なので、妊娠中になりやすい便秘にも効果があります。高い利尿作用で余分な水分も排出するため、むくみ防止になります。血圧を下げる効果もあるので、妊娠高血圧症にもなりくいです。

授乳中におすすめの理由は、母乳は血液でできていて、血行が良くなり血液を浄化してくれる作用があるので、母乳の出を良くしてくれます。母乳育児をしたい方にとてもおすすめです。
そして授乳中は沢山の水分が奪われるので、鉄分やカリウムなどのミネラルが豊富に入っているのでこのお茶で補えます。ほかにも、血行を促進したり血中のコレストロールなどを減少させる効果があるので、辛い乳腺炎になるのを防いでくれます。

妊活中カフェインが含まれるお茶はなぜ飲まない方がいい?

妊活中にカフェインが含まれている紅茶や緑茶を飲みたくなったことはありませんか。
しかし、妊活中にカフェインの含まれている緑茶を摂取するのはあまり良くありません。カフェインには良い効果がありますが、妊活中に飲んでしまいますと体の体温を下げてしまいます。せっかく妊活をがんばっているのに、体を冷やしてしまっては妊娠しにくい体になってしまいます。体が冷えてしまうことにより、子宮の活動が弱まりますので不妊の原因にもなります。それでも、好きなものを我慢するのはストレスですよね。
カフェインは摂りすぎてしまいますとリスクを高めてしまいますので、妊活中は少量に抑えるようにしましょう。

また、カフェインレスのお茶もありますので妊活には最適です。妊活に必要な栄養素である鉄分やカルシウムの吸収の妨げにもなってしまいますので、妊活中にカフェインの入ったお茶を飲む時には注意が必要です。体に悪いからといって好きなものが飲めないというのは、逆にストレスになってしまいます。量を守って適度に嗜む程度にしましょう。妊活中は体がデリケートになっていますので、食べ物や飲み物などを選ぶ際には慎重に行いましょう。妊活中にはカフェインを摂取してもいいですが、量は少なく抑えるようにしましょう。

ティーライフのたんぽぽ茶が人気の秘密は?

ティーライフのたんぽぽ茶は、何よりもゴクゴク飲めるところが人気の理由です。喉が渇いた時や休憩中はもちろんですが、食事時に一緒に飲んだり、寝る前のんだりするのに最適な飲み物になります。
たんぽぽ茶がどんなタイミングでも飲めるのは、カフェインが含まれていないためです。ですから睡眠前のひと時、あるいは妊娠中や授乳中などカフェインの摂取が気になる時でもたっぷり飲めるのです。

ティーライフのたんぽぽ茶では、ミネラルや鉄分を含むタンポポ根の他にも、女性に嬉しい成分が盛りだくさんの黒豆とミネラルが豊富な発酵ギンネムを使用しています。ギンネムは熱帯や亜熱帯の温かい地域で育つマメ科の植物で、発酵させることによりアク抜きされて飲みやすくなります。このたんぽぽ茶の原材料には、国産の黒豆と発酵ギンネム、そして中国産のたんぽぽ根が使用されています。輸入したたんぽぽ根は残留農薬検査をクリアしているので、安全性の高さという点でも人気の理由になっています。

ティーライフのたんぽぽ茶はクセが無く飲みやすいお茶ですが、ティーライフには30日間の返金・返品制度があるので、まだたんぽぽ茶を飲んだことがない方でもお試ししやすくなっています。

公式サイトはこちら

ティーライフのルイボスティーが人気の秘密は?

美容や健康に良いということで、多くの人から愛飲されているのがルイボスティーです。中でも、ティーライフのルイボスティーが多くの人気を集めています。では、ティーライフのルイボスティーの人気の秘密とはいったい何でしょうか。

まず、ティーライフのルイボスティーがそれほどの人気を集めている一つの理由は、その味にあると言うことができます。多くの口コミからも分かるように、その味は美味しくたいへん飲みやすいものになっています。そのため、食事中に飲むこともできますし、お茶だけでも飲むことができます。

また、ティーライフのルイボスティーには、カフェインが含まれていません。そのため、カフェインが原因で眠れなくなってしまうのではないかと心配することなく、どんな時間帯でも飲むことができます。
さらに、ティーライフのルイボスティーにはたいへん豊富なミネラルが含まれているため、美肌効果を期待することもできます。特に、美容に関心のある方にはお勧めの飲み物であると言えるでしょう。
こうした事柄に加えて、ティーライフのルイボスティーが人気のもう一つの理由は、その値段になると言えるでしょう。たいへんリーズナブルに設定されているため、継続して飲むことができるという高い評価を得ています。

公式サイトはこちら